腸閉塞の原因と治療の方法を知っておきましょう

吐物

腸閉塞では、吐き気やおう吐といった症状が現れます。
腹部に膨らみができるのも特徴です。この状態を、膨満もしくは膨隆といいます。
痩せた人の場合は、腸の動きが外から分かることもあります。
腸閉塞の腹痛は、非常に強くキリキリとした激しいものです。その痛みがずっと続くのではなく、しばらくして治まります。
そして、激しく痛む、治まる、といったことが繰り返されるようになります。この状態が「疝痛」と呼ばれるものです。
おう吐は、最初のうちは透明や白っぽい状態の胃液を吐きます。そのうち吐物は黄色をしてきます。この時は胆汁が吐き出されています。
さらに進むと、腸から逆流してきた内容物を吐くようになります。それは、下痢便と呼ばれていて便臭がすることもあります。
吐く内容物からも、症状の進行が図れます。軽い症状のうちに、早急に治療を始めましょう。

疝痛は、痛みを感じたり治まったりを繰り返す状態ですが、激しい痛みがずっと続き、治まることがない状態もあります。
これは絞扼性腸閉塞であり、激しい腹痛が治まることがない状況です。冷や汗や顔面蒼白に陥り、そのうちショック状態となります。
激しい痛みが治まらない場合も、早急に病院へ行くことが重要です。
お腹の張りを感じる膨隆や膨満をはじめ、おう吐や激しい腹痛などを感じる場合は、ためらわずに専門医に診てもらってください。
症状が軽いうちなら、腸閉塞の治療も負担が少ない施術となります。
腸閉塞の症状を重くしないためにも、早期の治療が大事なのです。