腸閉塞の原因と治療の方法を知っておきましょう

食事

腸閉塞の治療は、普通に食事を取ることができなくなります。口から食べ物を入れることが叶いません。
そのため、点滴により体へ栄養を送り込む方法が取られます。治療の経過を見ながら、口から食べ物を入れる治療も開始されます。
柔らかいものから徐々に普通の食事に切り替えていきます。はじめのうちは流動食を食べることから開始されます。

普段から食べているものが原因で、腸閉塞を起こすケースもあります。
腸閉塞を起こす食べ物は、消化されにくいもの、水分を含み体の中で膨らむようなものが原因と考えられています。
きのこ類や餅、わかめや昆布、糸こんにゃくなどが挙げられます。
通常の量の摂取なら問題ないですが、よく噛まずに飲み込む、必要以上に摂取するなどの行為は危険です。
また、過去に開腹手術の経験がある場合は、癒着により腸が狭くなっている可能性があります。
食事の際には、よく噛んでゆっくりと食べるようにしましょう。暴飲暴食は狭くなった腸に負担をかけ、腸閉塞を招きます。
消化のよい食べ物を心がけることも大事です。

腸閉塞の予防では、食事に気をつけることも大事ですが、適度な運動を心がけることも大事です。
健康な食事に気をつけていても、なかなか排便がされない場合は、運動することで排便を催すことがあります。
食事面に配慮し、適度な運動を心がけていれば排便のリズムも整ってくるでしょう。
それでも排便がされない場合は、専門医に相談してみましょう。的確な治療法を施してくれます。