腸閉塞の原因と治療の方法を知っておきましょう

食事

腸閉塞の治療では、口から食べ物を入れることができなくなりますが、経過を見て徐々に食べる治療も開始されます。流動食からはじめて、やわらかめの食事から通常の食事へと移行していきます。

Read more »

下剤

排便ができない場合、下剤を飲むことがあります。しかし、腸閉塞を発症しているなら下剤は最適な方法だとはいえません。排便が長い間ない場合は、下剤に頼るのではなくすぐに専門医に診てもらいましょう。

Read more »

検査

腸閉塞の検査では、どのようなことが行われているのでしょうか。重度にならないためにも検査で早期の発見をしたいもの。血圧や呼吸、脈拍の検査に加えて、腹部単純X線撮影や造影剤といった腸のX線撮影などが行われます。

Read more »

大腿ヘルニア

高齢の女性が腸閉塞となる場合、大腿ヘルニアが原因のことがあります。この病気は脱腸の一種であり腸閉塞を招くといわれているのです。大腿ヘルニアを持っている方は、症状が進んで重くならないよう注意しましょう。

Read more »

吐物

腸閉塞だった場合、おう吐に襲われることがあります。はじめのうちは透明な胃液を吐きますが、そのうち黄色い吐物になります。更に進むと、便臭を伴うような茶色の吐物を吐くようになります。

Read more »

背中の痛み

腸閉塞になる前兆で、背中に痛みが出る場合があります。背中に近い部分の腸に症状がある場合は、まれに背中が痛くなるのです。単なる腰痛だと思わずに、腸閉塞を疑ってみることで早期発見に繋がります。

Read more »

原因と治療法

腸閉塞になると、突然激しい腹痛が起こります。その激しい腹痛は「疝痛」と呼ばれていて、従来の腹痛とは全く異なるものです。そしてお腹が張り、排便ができなくなります。病名が示す通り、腸が閉じてしまうので排便ができなくなってしまうのです。
おう吐や、発熱、脱水症状が出る場合もあります。こうした症状が出たらすぐに病院へ行き、的確な治療を受けることが大事です。
原因としては、2つの理由があるとされています。ひとつが、過去に開腹手術をした場合です。
開腹手術では腸管に傷がつくことがあり、それが原因で腸の癒着が起こり腸閉塞を招く原因に。
もうひとつは、大腸がんやヘルニア、胃潰瘍などの病気から腸閉塞となるケースです。

この病気の治療法は、鼻からイレウス管というチューブを入れて、経過を見ます。それで回復することもありますが、回復しない場合は、開腹手術が行われます。
イレウス管による回復の見込みを見極めるのは、約2週間です。そのため、2週間程度は入院する必要があります。イレウス管の治療には、腸の中に溜まった食べ物を消化し、腸の腫れをなくす効果があります。
この治療の間は、口から食べ物を入れることができないため、点滴により栄養を摂ります。
イレウス管での治療ができるうちは、まだ軽い症状の場合が多いですが、腸管への血流が止まっている重度の場合は、早急に開腹手術をしなければなりません。
そうなると長期の入院の可能性も出てくるので、症状が重くならないうちにすぐに病院へ行くことが望ましいでしょう。

注目の記事

オススメリンク